のんびりトラウト

岩手のへっぽこトラウトアングラーの雑な日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初高熱

27日15時、夜勤明けで日中寝ていたら電話が
息子が38.2℃の熱が出たとの事で、徹夜明けで2時間しか寝て無いが、フラフラしながら託児所に迎えに行く
掛かり付けの病院は午後休みだったので違う病院へ
受診時37.9℃喉も腫れて無いので、様子を観るように、熱が上がるようなら坐薬を使うように、と言われ帰宅

ドンドン熱は上がり、夜には39.5℃に
本人も高熱で眠れず、コレはマズい、と初坐薬を挿入
1時間後には38℃まで下がる

夜はなんとか乗り切り、翌28日(休み)朝一で掛かり付けの病院へ
風邪だと思うけどなぁ
と言われ、いつものシロップ薬(咳・痰の薬)と坐薬をもらう

14時には39.6℃に
また坐薬を入れ、熱が下がるが17時には39.5℃
坐薬も6時間は開けなければ使えず、再び掛かり付けの病院へ
血液検査もし、炎症反応も無し
先生の長く回りくど~い話を要約すると『打つ手無し。水分補給とクーリングで下がるのを待て』
しかし39℃台では、本人が寝れない為、寝る前に坐薬を使用し何とか入眠
30日には何とか熱が下がりました
スポンサーサイト

子育て | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<突発性発疹 | HOME | 6月24日釣行>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。