のんびりトラウト

岩手のへっぽこトラウトアングラーの雑な日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

計算外

8月30日は、県北のK川水系O川へ。
朝一から始めるが、水少ねぇっ∑( ̄口 ̄)!
D‐コン赤銀で釣り上がり始めると、早々にヒット!
26㎝程のイワナ君。
頭がシュッとしてる(=^▽^=)
SSC_1385.jpg


落ち込みをクロスで通すと、20㎝中盤のヤマメがジャンプ気味に食らいつ…けないし( ̄○ ̄;)掠っただけ。

しばらく釣り上がってから、入渓点に戻り釣り下っていたオヤジと合流。
なんとっ!(☆o☆)10㎝程のヤマメを9匹ヒットさせたとの事。

場所移動するが、22㎝かな!?のキレイなヤマメを1匹追加しただけ。
オヤジは相変わらず10㎝程のヤマメが大当たり(ρ_-)o

上流に行くが、水量の少なさに閉口し、A川に行く。
こっちもかい(*´Д`)=з
近いだけに似たような状況。

げっ.。ooO(゜ペ/)/

バカデカいのが3匹位居る。周りに普通サイズのがまとわりついてるからサクラマスか!?
釣れたら嬉しいけど、この時期はマナー的になぁ…
まぁ反応するわけも無く、上流の日陰になってる瀬で、小さめのヤマメ2匹追加。

ジリジリと日差しがキツイ。
反応もまったく無くなり、見えるのはウグイの群れだけ。

上流に向かうが全然ダメ。
終~了~


結局ヤマメ3匹、イワナ1匹
親父は…10cm位のヤマメ31匹ヒット!!  何だそりゃ…
同じくらいのイワナとウグイも1匹づつヒットさせてました。
まともなのは、20cm位のヤマメ1匹。

帰りは良い景色を観て来ました。
SSC_1386.jpg

さあドコでしょう!?

蕎麦ソフトクリームで目を覚まし、なんとか帰宅となりました。
スポンサーサイト
釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |

未だに

先日の脚は、未だに痛いです。
腫れは、湿布を貼ったら一晩で治まったんですが、痛みはマダマダです。(+_+)
にも関わらず、明日か明後日には釣行予定o(^▽^)o←タダの馬鹿ですな。
まぁ楽な川を選ぶ事にします(ρ_-)o
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

転落未遂

本日は、休みのため、相棒の親父と、県北のM川水系への釣行となった。

今日は、朝一から何かが狂っていた。
一投目、振りかぶると、スッとテンションが抜ける。
ミノーが無い!?

焦って周りを見るが見当たらない。
スナップも無くなっているので、ラインが劣化して切れたのか!?

諦め、新しく結び直し、釣り開始。
一匹目は…17CM程のウグイ

すぐに、もう一匹追加。
今度こそヤマメ。25CM程の、赤味の出てきた綺麗なヤツだ。

SSC_1340.jpg

親父もウグイとヤマメを一匹づつ釣り場所移動

今度は渓の深い場所へ。藪漕ぎしながら高巻きし上流へ。
ん~まあまあ。25~27CM程のヤマメが、ポツポツとだが出る
SSC_1341.jpg
↑写真を撮ろうとしたら、飛び跳ねた瞬間。

ドンドン釣り上がって行くと、餌釣りのオッチャンが居た為、川から上がる。
腐葉土なのか、メチャメチャ地面がユルイ。(←伏線) 笹等に摑まりながら登る。

また場所移動、車で上流へ向かうと、駐車出来る場所発見~
車から降り、川を覗き込む。落差と、斜面の角度が凄いなぁ。でも人が通った跡らしき物が見える。
よし、行くか!

慎重に降り始めると、地面がチョ~柔らかい!
さっきの所より柔い。

ズゴ~っと滑り落ちてしまった。
滑った瞬間に木に摑まる。また滑った。 上に戻るのは無理だな。 ヤバイ… なんとか後チョット… 
ズガ~ッ
今度は岩が崩れた。右脛を岩に強打。

…川には降りたが、脚が痛い。まぁ体重をかけても立ってられるし、触ってみても本当にヤバイ訳では無さそう。釣り続行~
どうせ此処からは登れ無いし、だったら釣りしながら上流に向かって、登れる所を探そう。

しかし、魚が出ない。親父が辛うじて17cm程のイワナを出したのみ。
1時間程で登れる所を発見。四つんばいで斜面を登る。

車でさらに上流に、良さそうな所に入るが、ヤマメ26cm(推定)1匹のみ。

さぁラストポイントだ!
親父は下流へ釣り下る、俺は上流へと。
反応が無いが、ココでラストだから1匹出したい。

落ち込みの右側、デカイ岩との間の弛みに、ロングキャストで目一杯奥に。
縦にトゥイッチをかけると、ググッ
来たっ!!

走る走る!おっと潜るの!?今日1番のパワーだ。
フッキングは大丈夫なはず。ポンピングで寄せる。
岸にズリ上げると、27cm程のヤマメだ。フッキングは、やっぱりバッチリ
SSC_1342.jpg
なんかラインが巻いた跡らしき物が付いてるけど、俺ではありません。

結局、親父と二人で22~27cm位のヤマメ10匹
17cm位のイワナ1匹
17~20cm台後半のウグイ3匹
まぁ満足です。

今日の教訓


引き返す勇気も大事!!


木に摑まれなきゃ死んでたし…

今も痛い脚
SSC_1346.jpg
腫れてます
良い子のミンナは真似しちゃダメだよ(んな馬鹿いねぇよっ)
釣り | コメント:2 | トラックバック:0 |

サイズは…!?

みなさんは、渓流のミノーイングでは、何㎝のミノーを使いますか!?

吐き出し


以前の写真ですが、尺イワナ(アメマスかな!?)が、15㎝程のヤマメを吐き出しました!!頭から丸呑みです! しかもフッキングしていたのは、口ではなく丸呑みしていたヤマメの尻尾!どんだけ貪欲なんだよ(((゜д゜;)))

後は良くある話ですが、ミノーと同じ位のサイズのヤマメ達が、ベリーフックをガップリ!とか。

渓流ミノーイングの基本サイズは5㎝!…どうなんでしょう!?
まぁ現在は、D‐コンばっかり使用しているので、ロッドパワー的に5㎝って事になるんですが…(D‐コン63でもキツいような気がして)

フィッシュイーター相手の場合、渓流でも10㎝オーバーのミノーで良いんじゃ無いでしょうか!?(ただしウエイト・レンジ・アクションの問題は有りますが)
誰か渓流用の、ショートロッドでも使える、キビキビ動くミノー作ってくれないかなぁ(笑)

逆に小さいサイズは…フライフィッシングのミッジなんか見るとねぇ(*´Д`)=з 『ルアーフィッシング』に於いては扱えるサイズじゃ無いのかなぁ。現実的には3㎝位なのかなぁ!?あっ!スプーンなら結構小さい(*^o^*) マイクロスプーンで表層ドリフトとか。そしたらロッドとラインも『それなり』にしなきゃいけないなぁ。

皆さんの渓流用ミノー(ルアー)の『基本サイズ』・『最小サイズ』・『最大サイズ』はドノ位でしょうか。
物・道具 | コメント:0 | トラックバック:0 |

弾丸

結局行きました。近場のN川です。

釣り場に着いた時には、雨も上がっていたが、一応レインジャケットを着て行く事にする。
水量は減水していたので、雨のおかげでマシになっている。
ただ濁りがヒドイ。
何色って茶色だよ。
来た以上はやってやる。

ルアーは、浅い川なのでD-コン・チャートレーザー
ロッドを立ててトゥイッチをかけ探る。

20分程釣り上がり、瀬尻でヒット!

22~3cmのヤマメ君。
SSC_1253.jpg

ぽか~んって感じ。

その後は、同じ位のサイズと、10cm程のイワナをキャッチ。

しかし、時間が経過するにつれ、濁りが悪化。
もうルアーが1m位まで寄らないと見えない。

終~了~

結局、2時間半程釣って帰って来た。


えっ!?タイトルは何だって!?

渓流ルアーをやる人なら経験有るでしょ!?

ルアーが引っかかって、グイって引っ張ってみたら、スパーンっ!!と自分に向かって吹っ飛んで来る『アレ』ですよ。

今日は避け切れず、2回ヒットしました…
釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |

お休み

今日はお休みです。
雨が降ったりやんだりだし、最近は全然釣れないので、釣りに行く気力も湧きません。
そんなことじゃダメだろ!!、と思いながら、朝から今日の晩飯を作りました。
SSC_1239.jpg

カレーです。ジャガイモが煮崩れまくり…
家で料理らしい料理を作ったのはイツいらいだろう…

たまに嫁のご機嫌取りもしなきゃ。
釣りやカメラ関係のお金を出してもらえなくなる。
安い給料の身にはコンナ努力も必要かなぁ

…やっぱり釣りに行こうかなぁ
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

釣りのお供達

釣りのお供と言えば、
タックル

ロッド:スミス・インターボロンX 53MTH
リール:シマノ・ツインパワー2500S
ライン:サンヨーナイロン・GTRトラウト5lb

もうちょっとバットのしっかりしたロッドが欲しい。イトウクラフトのEXC510ULXとか…嫁の許可が出ないな。

ルアーは、90%はD-コン。テールフックを自作シングルに換えると、テールの振り幅が大きくなって、表層狙いにもGOOD,な気がする。
スプーンは、スカジット・デザインズの、プリスプーン。動きがなんとなく好き。
そしてD-コン秋バージョンもラインナップに加わりました。期待
アレキサンドラもたまに出番が有ります。コイツでドリフトの釣りにも挑戦したい。

そして新しいお供は
P1020070.jpg

ニコン D80+VR18-200
合計1Kgを超えるコイツを
SSC_1226.jpg

モンベルの青い袋、プロテクション・アクアペルと言う防水の袋に入れ、ベストの背中ポケットに。ただでさえ重い釣りベストが、クソ重い!
これからは一眼を持って、景色を観ながらノンビリ釣りたいもんです。
物・道具 | コメント:0 | トラックバック:1 |

キビシイ日

8月19日、久し振りの朝一釣行。H川支流、K川へ。気温は肌寒い位。水温は17℃。水量は、前日から小雨が降っていたが少な目(-з-)
今日はニュールアーが有る。D‐コン秋バージョン!普段は90%D‐コンなので期待していた。

4時30分、とりあえずニュールアーとお魚さんのご機嫌伺い。キャストは、さすがにノーマルより飛ぶ。ノーマルに有った、初速を上げた際の軌道のブレも大丈夫そう(^O^) 肝心のアクションは…良いねぇ(笑)トゥイッチをかけると頭から入る感じ。んっ!?根掛かり多発(-_-メ  これじゃある程度の水深がないと使いづらい。試しに縦にトゥイッチをかけると、水面から飛び出し難い!ウエイトアップが効いてる!?リップ形状かな!?これならシャローでもイケる(*^-^)b
しかし、魚が反応しない。色んなポイントを縦トゥイッチメインで探る…3~4時間釣り上がって17㎝程のイワナ1匹(;_;)車に戻り休憩&飯。

川を変更し、同じH川の支流O川の更に支流、Y川へ。O川との合流点付近から釣り上がって行くと15分程でイワナがヒット!15㎝位…(-\\\"-;)まだまだ釣り上がるが、シブいなあ。全然反応しない。
アレキサンドラに代え、水面直下をシェイクをかけながらドリフトで攻めるが、ダメ。
オーバーハングどころか、水面に枝がくっついてるポイントが有った。ノーマルD-コン赤銀にチェンジし、枝のすぐ脇の、くるぶし位のシャローをアップで攻める。枝の下から、銀色の光がミノーに襲い掛かる。
ヒット!
22cm程のヤマメだ。
SSC_1227.jpg

目がキョロっとして可愛らしい。
SSC_1228.jpg


その後、待望の強いアタリ。走る走る!魚影もデカくて銀色。尺まではいかないが、良いサイズのヤマメだな…スレじゃん!っと思ったらバレた。
今度は、おそらく26~7cm程の、魚影から察するにイワナがヒット…バイトが浅く即バレた。

結局4時間程釣り上がっても、15cm程のヤマメを1匹追加出来ただけ…トータル4匹。

敗因は、急激な気温・水温の低下、お盆・夏休みのプレッシャー。って事にしましょう(笑)

ひたすらシブい1日だった。(1眼レフカメラは重い…)
釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |

人生最大

いきなりですが、人生最大の『ヤツ』について書き殴りたいと思います。

2007年3月1日(岩手県の渓流解禁日)

釣りの相棒でもある親父との、県北河川への釣行。
普通なら水温・雪等の影響を考え、県南河川(気仙川等)を選びます。そこはヒネクレモノ親子、他の人と同じ所には行きたくないっ!!と県北へ(ホントは混雑を避け、積雪・雪代の影響も少ないだろう、と読んだのです)

飛ばした覚えも無いのに、予定より結構早く到着。車で仮眠を取り、朝一からプールを狙います。スプーンでスローに探るが反応なし。水温3℃じゃ厳しいなぁ。ガイドは凍るし、手の感覚はなくなるし…こんな時は車に避難(笑)
上流に移動し、緩い流れを発見。探っていると陽がさして来た、と思ったらヒット! 20cmに満たないが、このポイントだけでヤマメとイワナが9匹。
ちょっと上流に居た親父は「釣れてるなら教えろよ~」とノーヒット(笑) その後は二人とも反応無し。 このまま車で道なりにいけば、別な川に出るので移動決定!

しかし移動先のA川も水温5℃(さっきよりましか)
二人で手を変え品を変え探るが、魚影が見えるのに反応無し。無視すんなよ~(泣)

そんな時、『ヤツ』と出会った…

なんて事無い流れを、流芯から浅瀬へとスプーンをダウンクロス。
虹ポイント

んっ!?魚影が…デカッ!!
絶対40cmオーバーだ!!しかも3匹居なかった!?

とりあえず親父にジェスチャーで教える。 う~ん、流芯脇に付いてるなぁ。この立ち位置じゃ浅瀬に向かって引く事になるし、浅瀬の距離も短い…ミノーだ!
安全の為ラインを結びなおすが、手が震えてる。普通あんなデカイの3匹で固まってるかぁ!?

なんてやってると、親父がポイントの上流からダウン(スプーン)で攻める。追った!あっヒットだ!あの魚体はイワナ?アメマス?この位置じゃタモ入れ出来ない…バレた。物凄い手応えとラインブレイクで親父は落ち込んでる。
んじゃ俺が。ダウンクロスで流芯にキャスト。浅瀬に向かって引いてくると、流芯脇から馬鹿でかい魚影が…側線辺りが赤い!?虹鱒かっ!?流れが緩すぎる。シェイクに近いトゥイッチで誘う、誘う、食えっ、食えっ。ガゴーンッ!!
来たぁー!あっライン4lbだ…ヤバイヤバイっ半端ねぇパワーでロッドがバッドからひん曲がる。ヘッドシェイクはやめてぇ~(泣)
徐々に近づき左手でタモを出す。今だっランディング成功~ 

岸に上げあらためて見ると、でけぇ~52cm!!虹52cm

小さめの鮭じゃん!何この絵の具で塗った様な赤は。

口もハンパねぇ~

虹の口


さて、親父はと言うと、あんだけ派手なファイトをした後じゃ残りのヤツも逃げたのか反応無し。ってか『ボ・・』(笑)

釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |

初ブログ

文才は無いけど、まぁ雑にやっていきます。小ヤマメ

こんなサイズのヤマメでも喜べる貧乏性!?です。
いじめないでやって下さい。
これでちゃんと書き込み出来るかなぁ
SSC_0721.jpg


未分類 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。